複数人のパースのとり方

Pocket

同じ風景の中で、正しいパースペクティブで人物を描く

上の図は、同じ空間の中に同じ身長の人物を三人描いた物です。これならば、人物がどんなに奥にいようが手前にいようが、正しいパースぺクティブで人物を描く事が出来ます。

では、細かい手順を紹介します。

複数の人間でパースをとる方法1

まず、水平線と立ち位置を決めます。

複数の人間でパースをとる方法2

人物を置きます。

複数の人間でパースをとる方法3

二人目の立ち位置を決めます。

複数の人間でパースをとる方法4

人物を置きます。

複数の人間でパースをとる方法5

水平線上に点を取り、既存の人物の頂点、底辺を通して線を引きます。

複数の人間でパースをとる方法6

立ち位置を決めます。

複数の人間でパースをとる方法7

人物を描きます。

身長の違う人達を描く

一つの画面に複数の人物を描く場合、それぞれ身長が異なるのが普通です。では、身長差のある人達を正しいパースで描くにはどうすればいいのでしょうか。以下がその描き方です。

身長差のある人達を正しいパースで描く1

まず、一人人物を置きます。

身長差のある人達を正しいパースで描く2

円の辺りに身長の異なる人物を描きたいとします。

身長差のある人達を正しいパースで描く3

最初の人物より背の高い人物です。最初の人物と同じ場所から線を引きます。

身長差のある人達を正しいパースで描く4

水平線から伸ばした線から目的の場所へ横に線を延ばします。

身長差のある人達を正しいパースで描く5

場所を決めます。これが2番目の人物のこの位置での正しい身長になります。

身長差のある人達を正しいパースで描く6

赤い線は最初の人物のこの位置での正しい身長です。

身長差のある人達を正しいパースで描く7

身長差のある二人の人間を、正しい奥行きで別の場所に描く事が出来ました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする