Photoshopで被写界深度を加えてボケ味を再現する

Pocket

ぼかし(レンズ)で被写界深度を作る

被写界深度を加えてボケ味を再現する・その1
上画像にカメラで撮影した時のボケ味を加えます。

被写界深度を加えてボケ味を再現する・その2
背景画像を新規レイヤーとして複製します。

被写界深度を加えてボケ味を再現する・その3
ぼかしを加える前に光の粒子となる点を打ちます。基本的に白で打ちますが、画像との兼ね合いで色を加えても構いません。[硬さ:100]、[不透明度:100]で大小散りばめます。

被写界深度を加えてボケ味を再現する・その4
メニューの「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(レンズ)」を選択します。

被写界深度を加えてボケ味を再現する・その5
ここでは[半径:20]、[明るさ:20]、[しきい値:240]に設定しています。

被写界深度を加えてボケ味を再現する・その6
実行結果が上画像です。このままでは近い部分、遠い部分全てにぼかしが掛かっているため、ピントを合わせている設定の部分のぼかしを消去します。ここでは人物部分のみになります。

被写界深度を加えてボケ味を再現する・その7
複製レイヤーにレイヤーマスクを追加します。

被写界深度を加えてボケ味を再現する・その8
人物部分を消した画像が上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする