Photoshopでアルファチャンネルから選択範囲を読み込む

Pocket

保存した選択領域を表示

選択範囲を読み込む・その1
チャンネルパネルに選択範囲が保存してある事を確認します。

選択範囲を読み込む・その2
メニューの「選択範囲」→「選択範囲を読み込む」を選択します。

選択範囲を読み込む・その3
「選択範囲を読み込む」ダイアログ表示されます。[チャンネル]で読み込むアルファチャンネルを指定します。

選択範囲を読み込む・その4
アルファチャンネルが画像に適用されました。

選択範囲を読み込む・その5
チャンネルパネルの下部の「チャンネルを選択範囲として読み込む」からも読み込めます。手順としてはこちらの方が早く簡便でしょう。

現在の選択範囲にアルファチャンネルを追加

選択範囲にアルファチャンネルを追加する・その1
現在の選択範囲に保存したアルファチャンネルを追加する形で読み込みます。

選択範囲にアルファチャンネルを追加する・その2
チャンネルパネルのアルファチャンネルを[Ctrl + Shift]キーを押しながらクリックします。

選択範囲にアルファチャンネルを追加する・その3
円形の選択範囲の上に、人型のアルファチャンネルが追加されて読み込まれました。

現在の選択範囲から削除

現在の選択範囲から削除・その1
現在の選択範囲とアルファチャンネルが重なった部分を削除します。

現在の選択範囲から削除・その2
チャンネルパネルのアルファチャンネルを[Ctrl + Alt]キーを押しながらクリックします。

現在の選択範囲から削除・その3
円形の選択範囲に、人型のアルファチャンネルが重なった部分が削除されています。

現在の選択範囲と重ねる部分を読み込み

選択範囲と重なる部分を読み込む・その1
現在の選択範囲とアルファチャンネルが重なった部分を選択範囲にします。

選択範囲と重なる部分を読み込む・その2
チャンネルパネルのアルファチャンネルを[Ctrl + Shift + Alt]キーを押しながらクリックします。

選択範囲と重なる部分を読み込む・その3
円形の選択範囲と、アルファチャンネルが重なった胴体部分が選択されています。