GIMPにスクリーントーンプラグインを導入する

Pocket

「MuRa’s Filter Meister」プラグインを導入する

ダウンロード

MuRa’s Filter Meister」は、手軽に漫画のスクリーントーンを表現する事を可能にするプラグインで、元々はPhotoshop用のプラグインです。しかしGIMPにはPhotoshopプラグインを使用可能にするプラグインがあり、それを使う事で使える様になります。(それに関しては「Photoshopプラグインを使う」を参照)

まずはファイルをダウンロードします。ここへ飛びプラグインをダウンロードして下さい。

MuRa’s Filter Meisterプラグインを追加する

スクリーントーンプラグイン・その1
回答したフォルダの「mmTone」というPhotoshop用プラグインをコピー、GIMP用のPhotoshopプラグインフォルダ(「Photoshopプラグインを使う」で作成しているハズ)にペーストします。

GIMPを起動すると、「フィルタ」の項目に「MuRa’s Meister」が追加されていると思います。

「MuRa’s Filter Meister」プラグインの使い方

スクリーントーンプラグイン・その2
起動すると下図が表示されます。

Resolution(dpi) 解像度を変更(トーンの密度)
Line(lpi) 線数、上記のdpiと組み合わせてトーンの密度を決定します
Density ドットのサイズ変更
Angle トーンの角度、向きの変更
Position X トーンの表示X座標の変更・横
Position Y トーンの表示Y座標の変更・縦
Thru BG/FG 背景色/描画色の透過
Convert Source 元画像をトーン化
Antialias アンチエイリアスをかけてジャギを消します
Type 描画されるトーンのタイプ

実行する

スクリーントーンプラグイン・その3
取り合えず上部がデフォルト、下部がアンチエイリアスをかけて実行した結果です。

とても美しいと思います。これがフリーですから凄いものですね。管理人の環境では若干不安定な感じはします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする