脚本術

スポンサーリンク
ストーリー作成術

ブレイク・スナイダーの脚本術 その6

出来上がった脚本の最後のチェック 主導権を握るのは主人公だ 主人公は自ら行動を起こしているか? あらゆる段階で主導権を握って行動し、しかも強い欲求や動機に突き動かされているか? 下書きの段階でありがちな問題の一つが主人公の行動...
ストーリー作成術

ブレイク・スナイダーの脚本術 その5

ストーリー作成の黄金のルール 黄金のルールとは脚本を効果的に魅せるテクニックのこと、演出事例集と言ってもいいかもしれません。 SAVE THE CAT!(猫を救え!) スナイダー本のタイトルともなっている、スナイダーが...
ストーリー作成術

ブレイク・スナイダーの脚本術 その4

ボードを使ってストーリーを作ろう! 自分が使いやすいサイズのボードとインデックスカードを用意する。ボードとカードは脚本を視覚的に認識する最適の道具です。例えば二つのシーンが繋がっていない空白部分「ブラックホール」もひと目で分かる。...
ストーリー作成術

ブレイク・スナイダーの脚本術 その3

ブレイク・スナイダー・ビート・シート ブレイク・スナイダー・ビート・シート(以下BS2)はスナイダーの独自脚本テンプレート。脚本を15のビートに区切ったものです。 ●ブレイク・スナイダー・ビート・シート(BS2) ...
ストーリー作成術

ブレイク・スナイダーの脚本術 その2

ブレイク・スナイダーの10ジャンルとは スナイダーは映画を10種類だと主張します。 家のなかのモンスター 基本ルールは単純。まず家は逃げ場のない空間であること。沿岸沿いの町、宇宙船内、恐竜の走り回る未来のディズニーラン...
ストーリー作成術

ハリウッド式の三幕構成とは

ストーリーの構成、プロットとは シナリオは書き始める事は簡単ですが、上手く結ぶ事は難しいものです。しかし行き当たりばったりではなく事前に計画を立てておけば、それに沿って作業を行えるため失敗のリスクは軽減出来ます。 あらかじめ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました