mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画原稿用紙の使い方

原稿用紙のサイズ

主に使用する原稿用紙は2種類です。「登校用」と「同人誌用」です。

投稿用はサイズ(仕上がり線310mm×220mm、内枠270mm×180mm)でB4の原稿用紙です。同人誌用はサイズ(仕上がり線257mm×182mm、内枠220mm×150m)でB5の原稿用紙です。

各部の説明

一点透視図法の描き方・その1
上の画像が一般的な漫画原稿用紙のデザインです。

内枠、仕上がり線、外枠

一点透視図法の描き方・その1
内枠
一番内側の黄色部分を囲っている枠が「内枠」です。基本枠とも言い、基本的に漫画はこの枠の内側に描きますが、タチキリ等でよりダイナミックな絵を描く場合はここからはみ出して描きます。

仕上がり線(断ち切り線)
中心から外へ向かって数えて二番目の枠で、赤いエリアの事です。 基本的に印刷はこの位置までされる事になります。

外枠
中心から外へ向かって三番目の枠、つまり一番外側の枠で緑エリアの部分です。 この枠はタチキリを行う場合、この枠まで描き込む事で製本された時に描き残しが無い様にします。

トンボ

一点透視図法の描き方・その1
原稿用紙の四隅と上下左右に棒の様な物が印刷されていますが、ここの部分の事を「トンボ」といいます。

上下左右がセンタートンボ、四隅がコーナートンボ(角トンボ)と言います。

トンボは印刷所が印刷する時の大事な目安になるので、とても重要な物です。描き手が原稿が完成したら、最後にこのトンボを描き入れます。(トンボの入れ方については下記参照)

ノンブルガイド

一点透視図法の描き方・その1
ページ数の表示位置の目安となる枠の事です。最近の漫画原稿用紙は、ノンブルの位置が青い長方形で上下に、左、真ん中、右、と印刷されています。

雑誌社に投稿する場合は意味はありませんが、同人誌作成の場合には目安になるでしょう。

ノド

一点透視図法の描き方・その1
ノドというのは製本した時に閉じている方に来るエリアの事です。
基本的にこの部分には何も描きません。なぜなら製本された漫画は、閉じている部分は見にくく読者が苦労してしまうからです。

右ページのノドは左、左ページのノドは右となります。「片起こし」と言って漫画は基本左ページから始まる事が多いため、奇数ページは左、偶数ページは右と覚えておくといいでしょう。

トンボの入れ方

一点透視図法の描き方・その1
コーナートンボには内側の「内トンボ」と外側の「外トンボ」があり、大抵は内トンボにだけ線を引けば大丈夫です。
まれに両方に入れて欲しいという印刷所もありますので十分確認して下さい。

センタートンボは一本線を書くだけです。
※トンボは必ず黒で書いて下さい。

ノンブルの描き方

ノンブルとはページ番号の事で、印刷段階の落丁、乱丁を防ぐために書き入れます。

書く場所は専用の原稿用紙の場合ノンブルガイドが印刷されていますが、絵に掛かってしまう場合はページの余白や裏に書き込んだりします。応募する出版社の投稿規約を読んで下さい。
尚、同人誌の場合印刷所に入稿しますが、ほとんどの印刷所はノンブルを印刷で出る部分に書き込む事を必須としています。作画の邪魔になりますが、現状ではどうしようもない様です。

ノンブルは市販のノンブルシールや、プリンタで印刷した物を利用しても構いません。勿論手書きでも大丈夫です。

断ち切りの描き方

一点透視図法の描き方・その1
断ち切りは迫力のある絵を描く場合に用いる手法で、ページ一杯に絵が表示されます。
印刷、製本された後、化粧裁ち(仕上がり寸法通りに紙を切る)されますが、必ずしもピッタリとはいかないため、断ち切りの場合必ず外枠まで描き込んでおきます。

見開きページの描き方

一点透視図法の描き方・その1
見開きとは、左右2頁につながったページの事で、B3原稿を横に使って描くか、 B4原稿2枚を裏から貼りあわせて描きます。

黄色の部分は閉じられる部分のため基本的には書き込みませんが、閉じ方や読者の開き具合により見える部分が変わるため、少し深く書き込む人もいる様です。しかし人物の顔やふきだし等重要なものは絶対に書き込まないで下さい。

デジタルで描く場合

アナログでは漫画は描かず、完全デジタルで漫画を描きたいという場合は、原稿用紙のテンプレートを使います。市販ソフトなどをお持ちの方はソフトの機能を使用すればOKでしょう。

漫画原稿のテンプレートはフリーで公開されている方もいますので、それらをダウンロードさせて使わせて貰うのもいいでしょう。
sai/photoshop用漫画原稿用紙 | 霧雑記。

スポンサード リンク