mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

Photoshopのスマートオブジェクトとは

スマートオブジェクトで非破壊編集

画像を縮小すると色情報が失われ、拡大しても元の画像には戻りません。こういった加工を破壊編集と言います。スマートオブジェクトは加工しても元の画像データは保持したまま編集する事ができ、いつでも最初の状態に戻す事が出来ます。これを非破壊編集と言います。 対象レイヤーをアクティブにし、メニューの「レイヤー」→「スマートオブジェクト」→「スマートオブジェクトに変換」を選択するか、対象レイヤーを右クリック、「スマートオブジェクトに変換」をクリックして下さい。 スマートオブジェクト化されると、サムネイル右下にアイコンが表示されます。 スマートオブジェクト化したレイヤーを変形させようとすると、上画像のように×の字が表示されます。この状態で変形を何度繰り返しても画像は劣化しません。最終的には「レイヤーをラスタライズ」で解除します。

スマートオブジェクトは変形やフィルターなどは使えますが、ペンツールによる描画など一部の機能が制限されます。 上画像は単に縮小を確定させ、元のサイズに拡大したものです。色情報が失われピンぼけしている印象です。

下画像はスマートオブジェクトで縮小を確定、元のサイズに拡大したものです。劣化は見られません。

スマートフィルター

フィルターはこれだと思えるまで適用、戻すの繰り返しになったりします。しかし、スマートオブジェクトにフィルターを使用すれば「スマートフィルター」になります。 元画像を保持したまま各種フィルターを適用でき、それぞれのフィルターを表示非表示して確認する事も出来ます。

スポンサード リンク