mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

Photoshopのゆがみフィルターの使い方

人物を小顔にする

「ゆがみ」フィルターを使うと画像を歪ませる事が出来ます。一口にゆがみと言って分かり難いかも知れませんが、物を不自然無く小さくしたり大きくしたり出来るという意味です。 写真の女性を小顔にします。メニューの「フィルタ」→「ゆがみ」を選択します。 「ゆがみ」ダイアログが表示されます。最初に[詳細モード]をチェックしておきます。

「メッシュを保存」で「ゆがみ」フィルターの操作内容を保存、「メッシュを読み込む」で読み込む事が出来ます。 左のツール類を上から説明をします。

前方ワープツール クリック、ドラッグした箇所を押し出します。
再構築ツール クリック、ドラッグした箇所を加工前の状態に戻します。
渦ツール 画像を右回転させます。Altキーを押すと左回転になります。
縮小ツール クリック、ドラッグした箇所を、ブラシの中心に向かって縮小します。
膨張ツール クリック、ドラッグした箇所を、ブラシの中心に向かって拡張します。
ピクセル移動ツール ドラッグ操作で上は左、下は右、右は上、左は下にピクセルを移動させます。
マスクツール 画像にマスクを作成し、マスク部分はゆがみが適用されません。
マスク解除ツール 作成したマスクを消去します。
手のひらツール ドラッグ操作で画像を移動します。
ズームツール 画像の拡大縮小を行います。
「前方ワープツール」で輪郭を内側に押し込んでいます。どこまで押し込むか分かり辛い場合は、目安とならラインを引いておきます。 上が元画像、下が「ゆがみ」フィルターで小顔にした画像です。

人物の目を大きくする

写真の目を大きくしてみます。 メニューの「フィルター」→「ゆがみ」から「ゆがみ」ダイアログを開き、「拡張ツール」を選択します。 拡大したい部分をドラッグします。押し続けているだけでどんどん拡大していきます。 上が元画像、下が目を大きくした画像です。

スポンサード リンク