mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

PhotoshopのKulerで配色案を考える

Kulerを使った配色の作成

デザイン上の良い色の組み合わせには専門知識が必要になります。フォトショップにはそうした配色を自動でアドバイスする機能「Kuler(クーラー)」が存在します。

メニューの「ウィンドウ」→「エクステンション」→「Kuler」を選択します。 「作成」を選択し、中央の「基本カラー」をクリックして下部エリアから基本カラーを設定します。 「ルール」で配色方法を設定します。

類似色相 基本カラーを元に近い色を左右に配置します。トゲが無く自然な色合いになります。
色相ドミナント 基本カラーと同じ色相で全ての色を配置します。統一感があり無難な雰囲気になります。
トライアド 基本カラーと大きく異なる色相を配置します。統一感はありませんが、活発でインパクトのある雰囲気になります。
補色配色 基本カラーを元に同じ色相と補色を使い、複数の明度で配置します。統一感はありませんが、最も離れた色で組み合わせるため刺激の強い雰囲気になります。
組み合わせ 基本カラーに対しランダムな印象を与える配置をします。
濃淡 明度のみ変化をつけた配置をします。
カスタム すでに作ったカラーグループの一部を変更し、新たな配色で設定出来ます。
カラーの中の特定の色をクリックし、カラーホイールのハイライト部分をドラッグする事で、ルールを守ったまま色を変更出来ます。その他の色はそれに伴って自動的に変色します。 作成した色は「このカラーテーマをスウォッチに追加」からスウォッチ(色見本のパレット)に登録、使用出来ます。 作成したカラーグループは「このカラーテーマを名前をつけて保存」から保存出来ます。保存したカラーグループ「参照」ボタンから選択出来ます。

スポンサード リンク