mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

Photoshopで布に画像を張り付ける

下地の画像の質感を反映させる

上画像に下画像を合成します。 上に乗せるレイヤーの描画モードを「乗算」にします。必ずしも乗算でなければならないわけではなく、上手くいかなければ他のモードを試してみます。 メニューの「フィルター」→「変形」→「置き換え」を選択します。 OKをクリックします。置き換えマップを選択するダイアログが表示されます。形式はPSDのみですから、事前に背景画像をPSD形式で保存しておいて下さい。

水平比率/垂直比率 置き換えマップの濃度で変形量を設定します。
置き換えマップデータ [同一サイズに拡大/縮小]を選択すると、置き換えマップのサイズに画像がリサイズされます。

[並べて表示]を選択すると、マップが反復して塗りつぶされます。
未定義領域 画像サイズが合わない場合の設定です。
[ラップアラウンド]を選択すると画像反対側を巻き戻して表示します。

[端のピクセルを繰り返して埋める]を選択すると、画像の端のピクセルカラーを引き延ばして表示します。
実行結果が上画像です。置き換えマップの布画像は目が粗く、それが反映してイラストが削れたようになっています。 置き換えマップの影響を受けたくない要素は、事前に除去しておきます。色なら彩度を落としたり、質感ならフィルターのぼかしをかけてのっぺりさせます。

上画像は置き換えマップデータにぼかしをかける事で、布表面の凹凸を平らにしています。結果、乗せたイラストが削れなくなりました。

他にも描画モードを変更したのが下画像です。 オーバーレイ ソフトライト ビビットライト

スポンサード リンク