mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

Photoshopの調整レイヤーとは

調整レイヤーで非破壊編集

画像に色調補正を繰り返すと画像は劣化します。調整レイヤーは元画像は変更せずに編集が行えます。 調整レイヤーは16種類存在し、目的に合ったものを選択します。ここでは「明るさ・コントラスト」を使います。

メニューの「レイヤー」→「新規調整レイヤー」から「明るさ・コントラスト」を選択します。 「新規レイヤー」ダイアログが表示され、レイヤー名を設定してOKボタンをクリックします。 パラメータを設定する「属性」ダイアログが表示され(出ない時は調整レイヤーをダブルクリック)、「レイヤー」パネル調整レイヤーが作成されます。 [明るさ:80]、[コントラスト:-20]で適用したのが上画像です。調整レイヤーは画像を直接編集しないため、何度色調補正しても劣化しません。 調整レイヤーの効果は、初期設定では自身より下の全てのレイヤーに適用されます。直下の画像にのみ適用させたい場合は、調整レイヤーで右クリック、「クリッピングマスクを作成」を選択します。 調整レイヤーの横に矢印が表示されます。これで直下の画像にのみ効果が適用されます。

スポンサード リンク