mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

GIMPのプリセットの使い方

プリセットの使い方

ツールオプションの設定を保存する

プリセットの使い方・その1
では、まずツールオプションの設定の「保存」を紹介します。パラメータを保存する時は、下部ボタンの一番左「オプションをファイルに保存」を選択します。

この時保存されたプリセットは、ユーザーフォルダの方に保存されています。標準でインストールされている場合、cドライブの「GIMP-2.4」→「tool-options」の中に保存されていると思います。ここから手動で追加したり削除する事が出来ます。他人の作成したプリセットも、このフォルダの中に入れれば読み込む事が出来ます。

ツールオプションの設定を読み込む

プリセットの使い方・その2
プリセットを読み込みます。非常に簡単で保存ボタンの右隣の読み込みボタンをクリックすればいいだけです。

そうすると、すでに保存済みのプリセットの一覧が表示されます。好きな物を選択し、使用して下さい。 ボタンは左から、「保存」、「読み込み」、「削除」、「デフォルトの値に戻す」です。

プリセットの受け渡し

プリセットを他のユーザーに受け渡す場合には、(デフォルトではcドライブの)ユーザーフォルダの「GIMP-2.4」→「tool-options」を開きます。

中には色々なデータがありますが、末尾に"tool"と書いてある物はGIMPを起動した時の、ツールオプションの設定を保存しているデータです。「環境設定」からツールオプションを保存した場合、このデータとして保存されます。 プリセットは末尾に"presets"と書かれた物です。友達などに自分のツールオプションのプリセットデータを渡したい時、これを上記の場所に置くだけです。

スポンサード リンク