mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

GIMPに一括変換プラグインを導入する

「一括変換」プラグインの導入方法

ダウンロード

まずは「一括変換」プラグインをダウンロードします。この製作者のサイトの「dbp-1.1.3.zip」というファイルをダウンロードして下さい。
解凍したフォルダの中の「dbp」を「GIMP-2.0」→「lib」→「gimp」→「2.0」→「plug-ins」の中に置いて下さい。これでもう使える様になりました。

画像に処理をかける

一括変換プラグイン・その1
一括変換プラグインを起動するには、GIMPツールボックスの「拡張」→「Batch Process...」を選択します。すると上のダイアログが現れます。

よく使用するであろう機能は、「リネーム」「リサイズ」「画像形式変換」等でしょう。バッチ処理された画像は、元ファイルがあるフォルダに出力されます。
Input ここでバッチ処理をする画像を選択します。
Add Files 処理をする画像選択。
Remove Files 選択画像を削除。
Clear Files 選択済み画像を全て破棄。
Turn ここでEnableにチェックを入れ、回転処理をする画像を選択します。
Clockwise 時計回りで90度回転させます。
Upside-down 時計回りで180度回転させます。
Anti-Clockwise 反時計回りで90度回転させます。
Blur ここでぼかし処理をする画像を選択します。
Radius ぼかす強さの調節。
Colour ここで色補正処理をする画像を選択します。
自動か手動を選択し、手動は「明るさ」「コントラスト」「彩度」のパラメータを設定します。
Resize ここでリサイズ処理をする画像を選択します。
Relative 値1.0をデフォルトサイズとし、2.0は倍0.5は半分となります。Keep Aspectにチェックを入れると、縦横比が保たれたまま処理されます。
Absolute 任意のサイズを指定します。
Crop ここで切り取り処理をする画像を選択します。
切り抜くサイズの指定と、左上隅のxとy座標を指定します。
Sharpen ここでシャープ処理をする画像を選択します。
これは一括変換プラグインで行う「アンシャープマスク」なので、「半径」「量」「閾値」パラメータを設定します。
Rename ここでリネーム処理をする画像を選択します。
Add Prefix 入力した文字が元ファイル名の頭に付き、それが新しいファイル名になります。
Add Postfix 入力した文字が元ファイル名の後ろに付き、それが新しいファイル名になります。
Flatten 画像の統合を行います。
Output ここで処理後出力する画像フォーマットを決定します。

スポンサード リンク