mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

GIMPのクイックマスクの使い方

クイックマスクの基本

その1

クイックマスクの使い方・その1
画像にクイックマスクを適用するには、画像ウインドウ左下の破線で描かれた円をクリックします。

その2

クイックマスクの使い方・その2
すると画像全体に赤いフィルムを掛けられた様になります。

その3

クイックマスクの使い方・その3
マスクは「白」で塗ると消え、そこが選択範囲となります。

その4

クイックマスクの使い方・その4
逆に「黒」で塗ると回復し、選択範囲が消えます。

その5

クイックマスクの使い方・その5
マスクを編集後また左下のボタンを押します。すると選択領域が決定されます。

その6

クイックマスクの使い方・その6
色を塗ってみるとご覧の通り。

不透明度で変化を付ける

その1

クイックマスクの使い方・その7
先ほどは「白」で不透明度100%で塗りましたが、不透明度を下げてマスクを消すとどうなるのでしょうか。
上から「20」、「40」、「60」、「80」、「100」です。

その2

クイックマスクの使い方・その8
ボタンを押し選択領域を決定しました。しかし、下三つの選択領域しか選択されていません。

その3

クイックマスクの使い方・その9
実際に全体を塗ってみた画像が上です。破線で表示こそされていませんでしたが、きちんと選択領域が不透明度を反映して選択されていた事が分かります。

マスクとグラデーション

その1

クイックマスクの使い方・その10
不透明度が反映出来るという事を利用して、クイックマスクではグラデーションと併用して処理をする事が出来ます。
下は「白から黒」のグラデーションを左から掛けようとしています。つまり左側が消え右側がグラデーションで残るという事です。

その2

クイックマスクの使い方・その11
左側を白で選択し、右側を黒で選択した状態になっています。(つまり左側が選択されている)

その3

クイックマスクの使い方・その12
クイックマスクを決定した図が下です。中央の辺りに境界線が引かれていますが、きちんとグラデーションで選択されています。

その4

クイックマスクの使い方・その13
全体を塗り潰した画像が下です。実際グラデーションで塗り潰す事が出来ています。

スポンサード リンク